施工事例

PAS・SOG更新工事 | 埼玉県 熊谷市

停電リスクを最小限にする設備更新のご相談は㈱恒電社に!

熊谷市にある企業様よりPAS(気中負荷開閉器)・SOGの更新工事のご依頼をいただきました。

PAS・SOG交換をご検討の方は、1年前ぐらいからご相談ください。 仕様を決定し電力会社の申請や協議が行われ、道路使用許可、重機(クレーン車や高所作業車)の準備、リスクアセスメントを図り作業手順や計画書を作成してまいります。


今回は、VT(制御電源用変圧器)/LA(避雷器)内蔵 「GR付PAS」(地絡継電装置付高圧気中負荷開閉器)ならびに「高圧絶縁監視機能付き方向性SOG制御装置」を設置しました。これらの装置は停電を未然に防ぐためにPASの動作領域未満の微小な地絡電流(微地絡)を検出するため受電設備の予知保全に適しています。波及事故を防止するために最適な設備を提案して工事を行います。

波及事故は、自社の損害だけでなく近隣における影響は多大です。事故防止には高圧電気設備の計画的な更新が必要です。お時間に余裕をもってご相談いただければと思います。

      PAS交換前                     PAS交換後

     SOG交換前                      SOG交換後

 柱上のPASとケーブルで接続後、SOG試験・耐圧試験を行います。

電気設備工事のことなら、
お気軽にご相談ください。

自家消費型太陽光発電はこちら